アフィリエイト実践記|鶏飼いのLifeWork

時間が無いアフィリエイターのためのダブルワーク戦略

PPCでずらしをやる場合は、どこまでずらしてもOKなのか?

ずらしキーワードっていうのは、
どちらかと言うとPPCアフィリより、
サイトアフィリの方が向いています。

というのは、PPCの場合は広告費が掛かるから、
ずらしすぎたキーワードでは、
成約率が悪くなり、赤字になるからです。

例えば、A8のこの商品
kanpower

商標キーワードでは「肝パワー(Eプラス)」

成約率で言えば、一番、商標キーワードが高いです。


で、肝パワーを少しずつ、ずらして行くと・・・


肝パワー

肝機能サプリ

ガンマGTP

疲れ残る、寝付き悪い・・など


という感じになります。

そして、一番上の商標キーワードの「肝パワー」なら、
画像とボタンだけの、文章は無くても良いLPで良いのですが、

下に行くほど、訴求力が必要になり、
文章も多く書かなければなりません。


一番下の「疲れ 残る」なら、


あなたが毎日のように、疲れが残るのは、
こういった理由ではありませんか?

なら、肝パワーならこういった理由で
あなたの疲れが無くなるかもしれませんね。


という感じで、訴求力が必要になってきます。

しかも、クリック率や成約率は悪くなります。

クリック率で言うと、
一番上の「肝パワー」が10とすると、(10%ということではありません。割合の事です)
一番下の「疲れ 残る」は1くらいなものです。


これが、サイトアフィリなら、
「疲れ残る」というキーワードで、

クリック率や成約率が悪くなっても、
広告費が掛からないので、

「そのうち売れればいいやー」

「1年間で1本決まれば、ドメイン代の元も取れるしー」

と、のんびり構えていられます。

これが、独自ドメインではなく、
無料ブログでやってるのしたら
ドメイン代も掛かりませんしね。

でも、PPCでは広告費がかかるので、そうも行きません。


では、

肝パワー

肝機能サプリ

ガンマGTP

疲れ残る、寝付き悪い・・など


なら、どこらへんまでがPPCで有効かというと、
せいぜい、「ガンマGTP」まででしょう。

「ガンマGTP」を検索する人は、
健康診断で肝機能が良くないと診断されたりして、
自分の肝機能を気にしている人が検索したりします。

なので、健康診断で引っかかった人は、
良いサプリがあれば買う傾向があります。

手っ取り早く治したいですからね。

緊急性が有るということです。


これが、「疲れ 残る」なら、

・疲れを残さないサプリを知りたいのか?
・疲れを残さない運動を知りたいのか?
・疲れを残さないツボを知りたいのか?
・疲れを残さない食べ物を知りたいのか?

何が知りたくて検索しているのかが分かりません。

なので、「疲れ 残る」は、目的がはっきりしなくて、
特に緊急性もないキーワードですので、
クリック率や成約率が悪くなるのです。

目的がはっきりしないキーワードは、
PPCには向きません。

目的がはっきりしないキーワードは、
PPCでは赤字になりやすいですので、

ずらしをやるときには、
ずらしすぎないように、気をつけたほうが良いですね。

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top