アフィリエイト実践記|鶏飼いのLifeWork

時間が無いアフィリエイターのためのダブルワーク戦略

ずらしのLPは長い説明文か?画像とボタンだけのペラか?とか、ゼロのようになると最強!とか

最近、読者さんからたくさんのメールを頂きますので、
お返事を書くのにヒーヒー言ってます。笑

やっと、一段落つきましたので、
メルマガをお届けします。


では、さっそくですが、

読者さんでもあり、ゲリラマーケティングPPCの
ご購入者さんでもあるMさんから、
ご質問を頂きましたので、ご紹介させて頂きます。

久我様

御無沙汰しています。
昨日のメルマガ拝見しました。

藤岡さんと会われたのですね。
私も以前藤岡さんのノンバトを購入しましたので、
メルマガやセミナーで藤岡さんのことを知っています。

懇親会でサハラマラソンの写真を見せて頂き、
ビジネスもそうですが、すごいなあと思うことがよくあります。


話は変わりまして、質問があります。

PPCのサイトなのですが、
ずらしキーワードや関連キーワードでやるとき、

一般的なペラサイト(画像写真+誘導ボタン+簡単な説明)より、
ブログのようなサイト(文面がそこそこあり、最後に誘導するテキストリンク)の
ほうが公式サイトへの誘導率や成約率はいいのでしょうか?

ちなみに、私はPPCではブログのようなサイトはやったことがありません。

GMPPCでは、ペラサイトでもいいとありましたが、
久我様はどちらのほうがよいと思われますか?

両方とも1ページのサイトですので、
そんなに変わらないと思っていてよいのでしょうか?

現在、ずらしや関連キーワードで実践しているのですが、
誘導率が悪く、それが関係しているのかな、と思って質問させて頂きました。
(単に商品名キーワードでないためかもしれませんが。)

お手数ですが、ご教授して頂けるとありがたいです。
よろしくお願い致します。

Mさん、ご質問ありがとうございます。
Mさんへはお返事させて頂きました。

ずらしや関連キーワードでPPCアフィリをする場合は、

画像とボタンと簡単な説明文だけのLPが良いのか?
それとも、長い訴求文(説明文)があったほうが良いのか?

ということなのですが、
これは、どちらともいえません。

そのキーワードによって違います。

また、PPCでずらしをやる場合は、
ずらしすぎると赤字になりやすいので、
そこそこずらすというのが基本です。

訴求文がどれくらい必要かは、
商品からどれくらい遠いキーワードになるかで
変わってきます。

この辺は、僕が以前書いた記事を見て頂ければ、と思います。



と、いったような内容を、Mさんにお返事させて頂きましたが、
Mさんが求めている答えと違っていたらしく、笑

Mさんから、再度ご質問を頂きました。
(途中まで省略)

質問の続きで申し訳ないのですが、
商品から遠いキーワードならブログのようなサイトのほうが
よいという認識でよいのでしょうか?

今の時期によいと思い、紫外線対策として、以下のようなサイトを作成しました。
※Mさんが作ったLPのURL

ペラサイトですが、それなりにコンテンツを入れたつもりです。

で、キーワードは
紫外線対策 ○や 日焼け対策 ○
など絞り込み部分一致で出稿して、あとはメンテしています。

(当初、紫外線やUVなどの単体キーワードを入れていたのですが、
あまりに多くのインプレッション数とクリック率の悪さに削除しました。)

このような場合、ブログのようなサイトのほうが
よいのでしょうか?

そんなにずらしてはいないと思っているのですが。。

とりとめのない質問になっているかもしれませんが、
時間があるときで結構ですので、
よろしくお願い致します。

Mさん、再度ご質問ありがとうございます。

今度はMさんのLPのURLが提示されていましたので、
LPを見てみますと・・・


なるほど、なるほど。

アフィリリンクへのクリック率が悪いであろう原因が、
二つほど分かりました。


まず一つ目は、見にくいLPだということです。

これは、テンプレートに原因があると感じました。

Mさんが使っているテンプレートは、
結構派手な感じで、説明文を書く場所もちょっと場所が悪いです。

見た感じ、肝心な中身より、
テンプレートのデザインの方が主張しています。

リサーチしていますと、
わりと見かけるテンプレートなのですが、

僕が「このテンプレートは使いたくないなー」

と、前から思っていたものと同じものでした。


説明文の所は、デザイン的に文字が見にくい場所にありますので、
たとえ、どんなに良い文章を書いたとしても、
あまり読まれないでしょうね。

カスタマイズして、使うなら良いかもしれませんが、
説明文を書くのでしたら、
そのままでは使えないです。

普通に商標キーワードで、画像とボタンだけでやるなら、
問題は無いのでしょうが。


そして、二つ目は訴求文(説明文)自体ですね。

Mさんの訴求文は、紫外線対策のウンチクが多かったです。


紫外線対策商品に興味があるのは
女性の方がほとんどですが、

女性の方に、
例えば、紫外線α波とはどういったものか?とか、
紫外線β波はどういったのものか?

というような事を書いても、
全く刺さりません。

女性は、この商品を使ったら
自分はどうなるのか?

ということに興味があります。


では、訴求の仕方はどのようにすればよいのか?
ということですが、

狙ったキーワードで検索してみて、
出てきたSEOサイト(サイトアフィリのサイト)を
見てみて下さい。

訴求をする上で参考になるサイトが
大体は上位にありますので、
SEOサイトを参考に訴求文を考えてみてください。

上位にいるようなSEOサイトは、
訴求の仕方が上手いです。

上手なSEOサイトを見付けたら、
それをPPCのLP用に短くまとめて、
LPの訴求文にしても良いです。(丸コピペはダメですが)


ずらしや関連キーワードで、

「なーんか、うまくいかないなー」って方は、

SEOサイトを参考にまとめてみたら、
アフィリリンクへの誘導率も今までよりは、
上がるのではないかと思います。

この、文章をうまくまとめるって事が出来るようなれば、
どんなアフィリエイトでも必ず役に立ちますので、
訓練してみてください。

必ず自分の力になります。


こう言っても、

「ふーん、そうなんだー」

で終わって、あまりやる人はいないかもしれませんが、

多くの人が、あまりやらない面倒くさそうな事をやる人が、
アフィリエイトでは稼げるのです。


僕が例文を出しても良いのですが、
それだと、その例文通りにしかやらなくなっても困るので、

自分でリサーチして、自分でまずは考えてみる。

ということが大事です。


それからMさんの訴求文は、
文字に、色も太字も使っていなく、
説明も長いので、なかなか見ずらい文でした。

これも、ちゃんと大事なところや、
絶対に読んで欲しいところに色をつけたり、
太字にしたりしたら、読みやすくなります。

と言っても、逆に色を使い過ぎたら、
それはそれで見づらい文章になってしまいますので、
気をつけなければいけません。

文章の色使いも、上位にいるような
SEOサイトが参考になりますので、
研究してみてください。


PPCでもSEOでも何でもそうですが、
アフィリエイトで一番大事なのは、

ユーザーが見やすく、
ユーザーの役に立つものを作るということです。

これが「ユーザー目線に立つ」ということですね。


「ユーザー目線に立つ」というのは、
知っていても、なかなか忘れてしまいがちですが、

ゼロが芸術家の気持ちになりきり、
贋作を超えた本物を創りだすように、

【ゼロ】
zero


例えば、男性が女性向けの商品をアフィリするのでしたら、
女性の気持ちになりきる事が必要になってきます。


とはいえ、男が
いきなり女性の気持ちになるのも、
なかなか難しい事ですので、

そこでリサーチをするということになります。

リサーチはYahoo!知恵袋で、

例えば「紫外線対策」「紫外線 肌」など検索することから始めたら、
そこから、どんどん色々な悩みや、
知らないキーワードが見つかります。

女性って、こういう事で悩んでるんだー、と分かりますし、

検索して見つけた、自分の知らないキーワードを、
更に知恵袋で検索すると
ずらしのキーワードが見つかったりします。

ということで、アフィリエイトでは
ユーザーの気持ちになりきることが出来れば、
最強でしょう。



PS

ご質問を頂くときは、より具体的な内容を
提示していただけると、
求めていた答えが返って来やすいです。

作ったLPがあるなら、LPのURLを。
作った広告文があるなら、その広告文を。

抽象的な質問をすると抽象的な答えしか返せませんので。



PS2

これ買った。

momoiro_xmas2014



コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Return Top