アフィリエイト実践記|鶏飼いのLifeWork

時間が無いアフィリエイターのためのダブルワーク戦略

商標系キーワードPPCの使い方

久我です。

私、普段メルマガで商標系キーワードPPCのことを
悪くいってるように思うかもしれませんが、
そんなことは無いんですよ。

商標系キーワードPPCも使い道があります。

商標系キーワードPPCをやる時は、

「その商品が売れるかどうか?」

を知りたい時です。


まず案件を選んだら、
商標系キーワードで掲載順位1位を取ります。

それが赤字になろうが1位にします。

それが、1クリック数千円になると
さすがに躊躇して3位~5位(プレミアムポジション)
くらいにしますが、笑
基本的には1位です。

そうすると、すぐにでも売れる商品かどうかが分かります。

もちろんペラペラのペラページです。

売れる商品であれば、
3クリックくらいで売れることも少なくはありません。
(3クリックで売れても赤字になることもある)

商標系キーワードPPCを初めにやり、
売れる商品だと分かってから、
戦略を考えることもあります。

戦略というのは、
関連キーワードを探したり、
ずらしの方法を探したりです。


多くの人は、商標系キーワードをやる時、
大赤字にならない程度の入札価格にするでしょう。

稼げなかった時の私もそうでした。


よく、塾とか教材のノウハウで、

「商品名キーワードは報酬額の1/100からはじめましょう」とか
「どんなに多くても報酬額の1/20以内にしましょう」

といっています。

それは「赤字になる可能性を少くするため」
という意味では合ってると思います。

私の教材のPPC基礎編でもそう書いてあります。

全くの初学者に「最初から1位を狙いましょう」
ということを推奨しそれを実践してしまうと、
間違いなく大赤字になってしまいますからね。

当然、大赤字にならない程度の
入札価格で実践するということは、
数をこなさなくてはいけません。

ほとんどの塾や教材のノウハウで実践すると、
一番売れるプレミアムポジション(広告枠の上位左側)
に広告を掲載させられる入札価格ではないからです。


でも、ノウハウ通りに実践しても
いつ稼げるようになる時が来るのかは分かりません。

それで、手っ取り早く売れる商品かどうかを
見極める方法が「1位を取る」です。

売れる商品かどうかさえ分かったら、
後は「その商品をどう売るのか?」
だけ考えれば良いのですから。

いつ売れるのか分からないものを
延々と出稿作業していくより、

「売れると分かってるものをどう売るのか?」

を考えたほうが楽しいですよね。

人間、「やらざるを得ない仕事」以外では、
楽しいものでなければ続きません。


今の例でいいますと、

・商標系キーワードPPCで1位を取る
  ↓
・売れる商品が早く見つかる(例え赤字でも)
  ↓
・売れると分かっている商品をどう売るのか?を考えて実行
  ↓
・考えたことで成果が出ると楽しい

こんな感じです。

そのうち、

「狙った通りに案件が売れれば
 アフィリエイター冥利だろ?」

なんて言ってしまうかもしれません。

HUNTER×HUNTERでもジンがこう言ってます


どうせやるなら、
楽しくやりたいですよね。

道中楽しみましょう。


明日1月13日24:00で先行販売終了です。
ブルーオーシャンPPC+プライマリー






PS.

HUNTER×HUNTERの33巻、
いつでるんだろう、、、

出るペースはそのうち、
ガラスの仮面みたいになりそう。

Return Top